育成調教タイトル

 主にJRAの現役競走馬、デビュー前の1歳馬〜2歳馬の調教トレーニングを行います。
 各馬の状態、個性、資質にあったトレーニングメニューで、スタッフ一丸となって力を注ぎます。

 800mウッドチップ坂路コース、またそれに続く800m周回ダートコースをメインに馬の能力を十分に発揮できるようにトレーニングコースを設置。

 現役競走馬は、自然に囲まれた環境で心身共にリフレッシュすることができ、短期休養から長期休養までレースに向けてコンディションを整えていきます。また、充実した施設でハードに追い切ることも可能で、レースに向けて万全の状態に仕上げていきます。

 ブレーキング(馴致)調教を終えた1歳馬は、デビュー前まで(2歳〜)成長の過程をみながら、より高度なメニューをこなしていきます。

 栗東トレーニングセンターまで、車で3時間半という立地条件で馬の輸送もスムーズに行われます。


主にJRAの現役競走馬、デビュー前の1歳馬〜2歳馬の調教トレーニングを行います。
主にJRAの現役競走馬、デビュー前の1歳馬〜2歳馬の調教トレーニングを行います。
主にJRAの現役競走馬、デビュー前の1歳馬〜2歳馬の調教トレーニングを行います。
主にJRAの現役競走馬、デビュー前の1歳馬〜2歳馬の調教トレーニングを行います。

Walking
Basou
主にJRAの現役競走馬、デビュー前の1歳馬〜2歳馬の調教トレーニングを行います。
ウォーキングマシンでウォーミングアップさせ、これから調教の準備へと向かいます。
不備がないように入念にチェックしながら、馬装を整えます。
全頭揃って歩きます。人と馬のコミュニケーションをとりながら、トモの踏み込みをよくさせるようにしっかりと歩かせます。
ウォーミングアップ場では、ダク、キャンターでそれぞれ右手前、左手前で走らせ、歩様のチェック、ハミ受けをさせながら運動を行います。
馬場

←写真左側が800m周回ダートコース、写真右側が800m坂路ウッドチップコース

→周回ダートコースでは、3〜4周を併せ馬等で行ったりします。

馬場
     
坂路
坂路
←坂路は、最後の1ハロンのみ勾配がきつくなっています。そのまま周回ダートへ続いていますので、無理なく馬を止めることが出来ます。

 

 

←調教を終えた馬は長時間しっかりと歩かせてから帰ります。

手入れ

 

 

←最後に手入れを行います。全身シャワーを浴びて、体を拭いてもらい、リラックスして気持ちよさそう。